TCH    Tooth Contacting Habit  歯列接触癖  ためしてガッテン

本日
テレビNHKで番組 ためしてガッテン で 歯科と関係のある TCH に関して取り上げられていました。
 TCHとは、"Tooth Contacting Habit"(歯列接触癖)の略で、上下の歯を "持続的に" 接触させる癖のことです。

上下の歯の接触と聞くと一般的には「かみ締め」や「食いしばり」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際にはグッと強い力でかみ締めや食いしばりを行わなくても、上下の歯が接触する程度でも筋の緊張・疲労が生じるということで、TCHという名称が考えられました。


【TCHの問題点】

上下の歯は何もしていない時は接触しておらず、離れており、会話や食事をする際に接触する時間を含めても、接触しているのは 1日20分程度 が正常だと言われています。

上下の歯の接触時間が長くなると、筋肉の緊張や疲労、顎関節への負担が増え、起床時症状(顎の疲労感,歯の違和感,口が開きにくいなど)や、顎関節症などに関わっている可能性が考えられています。

TCHによって生じる症状は多岐に渡りますが、普段の意識だけで改善される場合も多くあります。 それ以外で黒田クリスタル歯科 吉祥寺では、咬み合せの調整や、ナイトガードと呼ばれる、マウスピースをすることで、顎関節や、歯に負担をかけにくくする装置を作ることもあります。 気になったかたは、ご相談下さい。

No Comments Yet.

Leave a reply