滅菌、安全性への取り組み

清潔、不潔を徹底し、できるだけ使い捨てのディスポーザブルを使用し、使い捨てできない物は1回1回滅菌し清潔な環境での診療をいたします。

もちろん、治療とはただ治すだけではなく、審美と機能の両立した治療を行います。

この言葉をモットーに全ての年齢層の方々が、しっかりと噛めて、笑顔が自然とこぼれる健康な生活を過ごして頂ける様、質と信頼と責任ある治療を行います。

当然ながら、患者さんに使うグローブは患者さんごとに交換。グローブではカルテや、記入に使うボールペン、モニターの切り替えのリモコンなどは触りません。

滅菌・消毒手順

まず、洗剤洗浄そして薬液の入った超音波洗浄機で、細かい汚れを落とします。

きれいになった器具を患者さんごとに個包装パックします。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)) 高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ) 高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ))

その後オートクレーブという滅菌器で、ウイルス等を完全に死滅させます。

細かい器具はオートクレーブ滅菌器後に、紫外線滅菌庫にて保管します。

当院では、治療ごとに歯を削る器具は交換し、紫外線滅菌にて保管しております。

詰め物・被せ物などの調整時に出る目に見えない細かい削りかすは、フリーアームという大きい音のする掃除機のようなもので吸い込み室内の空気をきれいに保ちます。

器械に使用する、水やエアーには除菌フィルターを設置しております。

診療イスでは、コップの水や歯を削る際に出る水、風を吹きかけて乾かしたりする空気があります。この空気や水にも除菌フィルターを設置しております。つまり浄水であったり、クリーンな空気です。

下の写真は今日、交換した水のフィルター(最初の2つ)と、空気のフィルター(後側の2つ)の写真です。 水の方は、汚れがはっきりわかります。後の空気のフィルターは根元の部分の変色だけで留まっておりますが、汚れがわかります。通常の診療イスにはフィルター設置はほとんどありません。黒田クリスタル歯科吉祥寺では、このフィルターを設置してます。 見えない細かいとこにも衛生環境を気にしております。 安心して治療をお受け頂けたらと思います。

水のフィルター 空気のフィルター