治療中断で起こるトラブル ベスト5 第1位

■第1位 歯の神経を取ったまま放置 歯の神経を取り除く治療を行なった後や、歯の神経が腐ってしまい歯の根の治療を行っている場合など、主に歯の内部の治療を行っているときは、中断すると。後のダメージが特に大きくなります。 歯の内部は抵抗性が弱いため、あまり放置されると虫歯が進行したり、根の内部が汚れたりします。 1カ月ほどの中断でも影響があると考えられます。 歯の根の治療は、痛みがなくなった後も、治療に回数が掛かることも少なくありません。しかし、ここで 中断になってしまうと歯の寿命を一気に縮めるので、注意が必要です。 いかがでしたか?  今回の治療中断で起こるトラブルの発表。 どれも、治療の完治を遅らせてしまい、治療にかかる費用もかさんでしまいます。  心当たりがありましたらまずは、歯科治療を完了する事をお勧めします。

0 Responses to "治療中断で起こるトラブル ベスト5 第1位"

  1. [...]  以前、黒クリブログで書いた内容http://www.kc-kichijozi.com/%E6%AD%AF%E7%A7%91%E3%81%AE%E7%96%91%E5%95%8F/706/ [...]

Leave a reply